2019年04月11日

「渋沢栄一(しぶさわえいいち)」

〇江戸時代の百姓で武士で幕臣
 近代の実業家
 現代の新一万円札の人(2024年度)
 埼玉の血洗島村の出身 海はない

〇豪農の家で生まれて
 子供のころからそろばんはじくの得意だったんだって
 読書もしたし剣術もしてたよ

〇剣術の北辰一刀流の道場にも通っていたよ
 そこに倒幕派も来ていて
 その影響で倒幕しようと思うようになるよ
 でも
 身内の反対とか活動もうまくいかなかったから
 一橋家の家臣をやってた人にコネしてもらって
 「一橋慶喜」に仕えることになるよ
 慶喜が将軍になると
 フランスのパリ万博の視察に幕臣として同行するよ
 先進のテクノロジーに感動したって
 その後外国奉行になったのでいろいろヨーロッパを視察してたけど
 「大政奉還」しちゃって慶喜が将軍じゃなくなったので
 日本に帰ってきます

〇明治になると
 フランスで学んだ株式会社とかつくったりしたけど
 大隈重信に頼まれて「大蔵省」に入るよ
 でも大隈とか大久保利通とかと対立してやめるよ
 それからは
 いろんな企業を起業していくよ
 生涯500企業くらいはかかわってるって
 今でいう
 みずほ銀行
 東京ガス
 東急電鉄
 太平洋セメント
 サッポロビール
 東洋紡 とかとかとにかくいっぱい
 そのころ大きい会社は三菱とかの「財閥系」で
 株式を一族で持っている感じだったけど
 渋沢は「株式会社」にして
 株を「公開」する経営方針だったんだって
 そんな開放的な経営とかが
 のちに「日本資本主義の父」ってよばれる
 理由の一つなんだって

〇戦後も
 社会貢献に熱心で
 いろんな病院や日本赤十字社の設立にかかわったり
 関東大震災の時は
 寄付金集めをしていたそうでうしょ
 また教育にも力を入れていて
 今の一橋大学とかの設立にかかわったりしたよ
 大正時代に
 「論語と算盤」っていう経済の本をだして
 現代も
 経営のありかたを学ぶ本として
 多くの人に読まれているんだそうですよ

亡くなったのは
 昭和6年
 91歳でした

 儲けるだけが会社ではないっていう精神は
 いろんな人に受け入れられて
 その時代もらえていた「爵位」は
 経済人は「男爵」までだったけど
 渋沢のみ「子爵」っていう上の爵位をもらえたそうですよ
 

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

新品価格
¥885から
(2019/4/11 15:52時点)




ちなみに
 お札に東京駅が描かれているのは
 渋沢が作った会社「日本煉瓦製造株式会社」の
 レンガを使って建てたからみたいですよ♪
 いいレンガっだたみたいです♪


ラベル:渋沢栄一
posted by rekijo at 23:58| Comment(0) | 幕末 | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

「宮本茂(みやもと しげる)」

〇スーパーマリオを生み出した人・任天堂の人
 「MIYAHON」「ミヤホン」だったり
 ゲームを文化にしたひとのひとり

〇金沢美術工芸大学を卒業した後任天堂に入社
 工業製品のデザインがしたかったそうですよ

〇入社3年目に「ドンキーコング」をつくるよ
 そこに「マリオ」が初登場
 この時一緒に仕事した「横井軍平」を
 師匠と呼び尊敬してるそうですよ

〇作品に関して面白さのチェックが厳しくて
 「ちゃぶ台返し」といわれる
 「宮本チェック」があるそうですよ
 完成間近でも開発中止にして
 もっと面白いものにするそうです
 「星のカービィ」が生まれたのも
 「ティンクル・ポポ」の「ちゃぶ台返し」

〇世界中のいろんな人に「すげぇ」と言われているよ
 マイケルジャクソンは
  「ゲーム界のスピルバーグ」っていってたし

「ゲーム開発者にとっての開発業界のヒーロー」っていう
  イギリスのイベント内の投票で
  世界中のクリエイターが投じた9000票の内
  宮本が約3分の1もの票数を獲得してたし

 「ビデオゲーム産業において
 おそらく彼と同じレベルで肩を並べられる
 クリエイターは存在していない」と
 グラハム・ホッパーって人に称賛されてますよ

ちなみに
 スーパーファミコンの「LRボタン」
 NINTENDO64の「アナログスティック」
 のアイデアは宮本さん提案なんだって
posted by rekijo at 19:12| Comment(0) | その他の時代 | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

「岩倉 具視(いわくら ともみ)」

〇幕末の「公家(くげ)」で明治の「政治家」
 公家の生まれだけど
 公家としては格が低いほう
 そのころの公家は
 生まれで人生決まっちゃう時代 なんもできねぇ
 でも関白の「鷹司政通(たかつかさ まさみち)」って人に
 和歌の弟子にしてもらって
 そこを通していろんな政策を
 主張できるようになったよ

〇黒船がきて
 幕府が日米修好通商条約をやっていい?って
 朝廷に許可をもらおうとしたときは
 許可しようとした関白を説得して
 許可させなかったよ

 でも
 無許可で条約を結んじゃった幕府さん
 マジおこの朝廷さん
 朝廷「まじおしおき(ぷんすか)」
 幕府「やんのか(仕返しすんぞ)」
 で
 こじれた結果が「安政の大獄」
 結局 中心人物の「井伊直弼」が暗殺され
 「公武合体」しよう的ながれに
 そんな中
 幕府の威信と朝廷の地位向上のため
 将軍に「和宮」さんに皇室から
 お嫁さんに来てもらう計画を進めてたのが「岩倉具視」
 が
 それがいろんな人に気に入られなくて「失脚」したよ

〇失脚して朝廷を去ったあとは
 倒幕派になっていろいろ活動してたよ
 んで5年後の大政奉還のあとに赦免
 権力が変わらないので
 薩摩の大久保とか土佐の後藤象二郎とかと
 「王政復古」したよ

〇新政府になって
 ほぼトップの役職になってやってたけど突然辞職
 でも
 「建国策」っていう版籍奉還の意見書をかいて
 その後に行政再編があって
 岩倉は右大臣の補佐役の大納言に就任
 あと外務卿(いまの外務大臣)になったから
 「岩倉使節団」の特命全権大使で欧米諸国を巡り
 「レベルがちげぇ」と日本とのあまりの差にびっくり
 「繁栄の要は鉄道ですよ」 と
 帰ってから鉄道の設置に積極的になるよ

〇その後は
 征韓論してた時は
 権力で西郷隆盛の意見を退け征韓論をお流れにして
 不満があるひとに襲撃されたり
 旧公家と旧武家を「華族」としたけど
 もめてたから
 すったもんだの末「帝国議会」の「貴族院」できて
 なんか一体感をもたせて対立をなくしたり
 たいへんだったよ

亡くなったのは
 明治16年 59歳でした
 お葬式は
 日本初の国葬だったそうですよ
posted by rekijo at 21:04| Comment(0) | 幕末 | 更新情報をチェックする

~歴史の人物 ざっくり知りたいから解説♪のもくじ~
~戦国時代~
~幕末~
~その他の時代~

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。